<会議発表論文>
救急活動における個人情報の効率よい利用について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 救急活動においては,作業員は医療機関へ負傷者の搬送と負傷者の情報の収集を行う.しかし,現実では負傷者を医療機関へ迅速に運ぶことが優先され,情報の収集は比較的軽視されている.そこで本研究では,救急活動の作業を妨げることなく,情報を効率よく収集することを目指す.その方法として,情報を事故や災害と関係のないときにあらかじめ登録しておき,事故や災害時にそのあらかじめ登録してある情報を利用し,負傷者の情報を...早くかつ多い項目の情報の収集する方法について議論する.
In the emergency activity, the ambulance officer collects injured person’s information and transports injured person to medical institution. However, it is given priority to carry the injured person to the medical institution promptly in the reality, and is disregarded the collection of information. In this paper, we aim to collect information efficiently without disturbing the work of the emergency activity of the ambulance officer. Information is registered beforehand as the method when not relating to the accident and the disaster.
続きを見る

本文情報を非表示

sonoda06_2 pdf 345 KB 77  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
関連情報
主題
ISSN
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.22