<紀要論文>
九州大学学生の栄養摂取状況(第4報) : 1年次と4年次の経年比較

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 We investigated changes in nutrient intake by comparing an identical group of students as they entered their freshman year of university and then again three years later as they entered their senior y...ear. A total of 6,805 new students (5,541 males and 1,264 females) were asked to answer a questionnaire about their average dietary intake. The questionnaire was distributed to incoming freshmen during annual medical checks in 1987, 1988 and 1989. Approximately 90% of the same students (6,115 students, 4,933 of them male) answered the same questionnaire under the same circumstances in 199O, 1991 and 1992, as they entered their senior years. The average energy intake of seniors was considerably lower than that of freshmen, whereas the percentage of obese students (BMI greater than or equal to 24) and breakfast-skippers increased significantly. Protein intake and fat energy ratio of seniors exceeded the recommended values, especially in female students. Among male and female students in both freshman and senior years, the intake of cereals, vegetables, and fish was less than recommended values, and intake of sugar, meat and egg exceeded these values. The frequency of male breakfast-skippers increased from 3.3% of freshmen to 17.5% of seniors. These results suggest that the increase in obese students in the senior year may result from changes in nutrient content and lifestyle as opposed to increase energy intake.
九州大学4年生字部学生を対象に新入生時(1年次;6,805名;男子5,541名,女子1,264名)と,彼らが4年生になった時(4年次:6,115名;男子4,933名,女子1,182名)の2度の定期健康診断時に,食事調査を同一質問紙を用いて同一方法で行った。1年次に回答した学生の約90%が4年次にも回答した。1.日本人の栄養所要量と比較すると,エネルギー摂取量は男女とも同年代の生活活動強度Iと同じ程度であった。また,1年次に比し4年次では男女ともエネルギー摂取量は有意に減少していた。2.たんぱく質は男女とも所要量を約10%上回っていた。3.脂質エネルギー比は女子学生が29〜30%で,望ましい比率(20〜25%)を上回っていた。4.男女とも穀類・野菜・魚介類の摂取が少なく,砂糖・果実・肉・卵・乳・アルコールを含む嗜好飲料の摂取が多かった。とくに4年次男子では砂糖とアルコール摂取量の増加が著しかった。5.1年次に比し4年次男子学生では肥満者が増加し,また朝食欠食者も著しく増加した。6.4年次男子学生では夕食摂取エネルギーの増加が認められた。7.4年次男子学生では朝食欠食者に“やせ"が多かったが,“肥満"者も多かった。以上の成績から,九州大学の学生はエネルギー摂取景は生活活動強度Iと同程度で決して多くないにも関わらず,4年次男子学生で肥満が増加しているのは,エネルギー摂取量よりむしろ食事の質やライフスタイルの変化などが大きく影響していると思われた。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092945-00001 pdf 454 KB 105  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12