<テクニカルレポート>
温度を考慮するアーキテクチャの検討のための物理レジスタアクセス頻度の特徴調査

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 動作周波数上昇と集積度向上の恩恵によってマイクロプロセッサは性能向上を図ってきたが,近年消費電力の増加とその過密化による温度上昇が大きな問題となっている.本研究ではレジスタアクセスによる温度の上昇に着目している.特定のレジスタやレジスタバンクへの集中的なアクセスは,著しい発熱を伴うからである.以前の調査で物理レジスタへのアクセスは均等に行われていることを確認したが,時間的な変動は考慮されていなかっ...た.今回,時間を区切ってアクセス頻度を調査したところ,著しいアクセス集中が確認された.
While the improvements in clock frequency and transistor density have achieved the continuous increase in microprocessor performance, increasing power consumption and thus temperature are becoming a serious problem. We focus on register files, because strong access locality to particular registers or register banks causes serious heat dissipation. Our previous study did not show such an access locality, because register renaming transforms the logical register access into the uniform physical register access. However, it did not consider temporal locality but only spatial locality. This paper shows strong temporal and spatial locality on physical register access.
続きを見る

本文情報を非表示

sato06_3 pdf 787 KB 43  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.21