<テクニカルレポート>
オペランドのビット幅を考慮したソフトウェアレベル消費エネルギー削減手法

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では,マイクロプロセッサベース組込みシステムのソフトウェアレベル消費エネルギー削減手法を提 案する.提案手法はオペランドのデータをシフトし符号拡張ビット部の信号遷移を削減することにより消費エネル ギーを削減する.提案手法は次の3 つのステップから構成される.1) オペランドのデータをLSB 側からMSB 側へ最 適なシフト量だけシフトする.2) シフトされたデータのまま命令を実行する.3) 計...算結果を元の正しい位置までシフ トする.実験により,マイクロプロセッサのデータパスにおける消費エネルギーを約3.7%削減出来ることを示した. また,マイクロプロセッサ全体の消費エネルギーは約1.5%削減出来た.
This paper proposes a software-level energy reduction technique for microprocessor-based embedded systems. A basic idea is to reduce switching activities in sign extension bits of instruction operands through shifting the operands. Our technique consists of following three steps: 1) shift operands from LSB side toward MSB side by optimal shift amount, 2) execute instructions with the shifted operands, and 3) shift back computational results to original positions. Experimental results show about 3.7% energy reduction of datapath, and about 1.5% energy reduction of overall microprocessor.
続きを見る

本文情報を非表示

seiichirou06_2 pdf 242 KB 47  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.21