<テクニカルレポート>
ハッシュを用いたID照合における計算時間についての考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年,IC カードなどの小型デバイスを用いた電子的な認証が広く行われるようになり,暗号化として処理の軽い 一方向ハッシュ関数が用いられることがある.しかし,ハッシュ化した電子的な情報による識別に必要な時間は,識 別する対象の候補の数に比例し,大規模なシステムには適用できない.本稿では,識別とそれに対する攻撃の定式化 を行い,ハッシュを用いた識別の計算時間について考察を行う.
Electronic a...uthentication with a portable device such as a smart card has been receiving increasing attention. For portable devices with a poor computation resource, one-way hash functions are used as a cryptography technology for secure authentication. However the computing time of an identification with hashed data is proportional to the number of the users, and therefore it is not practical for large-scale systems. This paper introduces a formalization of identification and two kinds of attacks, and analyzes the computing time of an identification of a user.続きを見る

本文情報を非表示

toru06_1 pdf 102 KB 38  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.21

この資料を見た人はこんな資料も見ています