<紀要論文>
スポーツクラブ経験が日常生活の心理的対処能力に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This study was conducted to examine how athletic experiences might affect psychological coping ability in daily life. The subjects were college students, 315 males and 108 females. The survey items de...termined athletic club experiences from elementary school on, and whether or not the subject liked sports. 52 questions also evaluated their psychological coping ability. The following is a summary of the main results. 1) There were significant differences between male subjects who had experienced athletic involvement while they were students either in elementary school or college and those who hadn't. Those who had athletic experience were superior in life-volitional factors (patience, aggressiveness, drive for self-realization, drive for success) and cooperation. No significant difference was noted for female students. 2) A superior psychological coping ability was noted in those who have or had participated in an athletic club over an extended period. Cooperative ability was common to all subjects with continued athletic club experience. As the length of the experience increased, so did the ability in life-volitional factors and judgement. 3) So far as the amount of actual physical exertion involved, significance was noted only in the amount of exertion during elementary school. The greater the exertion, the better the rating in life- volitional factors, mental stability and concentration, and cooperative ability. The exception was patience. Increased physical exertion, regardless of the age of occurrence, directly increased patience. 4) A superior coping ability was noted among both males and females who said they like sports "very much." Significant differences were noted in life-volitional factors and self confidence.
男子大学生315名,女子大学生108名を対象として,小学校時代から現在(大学)までのスポーツクラブ経験,スポーツクラブ所属の継続性,スポーツクラブでの運動量および運動の好き嫌いと日常生活における心理的対処能力の関係を分析し,スポーツクラブ経験の心理的効果を考察した。おもな結果は,次のとおりである。1)過去,現在のスポーツクラブ経験との関係では,男子は小学校時代と大学での所属の有無に顕著な差がみられた。その効果の共通点は忍耐力,積極性,自己実現意欲,競争意欲,協調性でスポーツクラブ経験者は優れていた。しかし,女子にはどの年代においても顕著な差は認められなかった。2)スポーツクラブ所属の継続性との関係では,過去・現在において長期にわたってスポーツクラブを経験した者ほど優れた傾向がみられた。また,過去(小・中・高まで)の継続性の比較より現在を含めての継続者のほうが優れている傾向がみられた。また,スポーツクラブ継続者は共通して協調性に優れ,所属経験がさらに長くなるほど忍耐力,積極性,自己実現意欲,競争意欲,判断力にも優れた傾向がみられた。3)スポーツクラブでの運動量との関係では,小学校時代での運動量にのみ顕著な差がみられた。その内容は運動量の多い者ほど忍耐力,自己実現意欲,競争意欲,自己コントロール能力,リラックス能力,自信,協調性に優れていることが示された。そのほか,忍耐力についてはどの年代でも運動量の多い者ほど優れている傾向がみられた。4)運動の好き嫌いとの関係では,男女とも好意的態度を示す者ほど優れており,忍耐力,積極性,自己実現意欲,競争意欲,自信で顕著な差が認められた。そのほか男子では自己コントロール能力,リラックス能力,集中力,自信,決断力,判断力でも優れ,顕著な差が認められた。5)スポーツクラブ経験が日常生活の心理的対処能力に最も影響を及ぼしている条件は,第1には小学校という早い時期に経験し,しかも運動量も多いこと,第2に小学校から,中学,高校,大学と長期間経験し,なおかつ,大学でも経験していること,第3に,過去の体験から形成されている運動に対する好意的態度ということができる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092938-00001 pdf 850 KB 433  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12

この資料を見た人はこんな資料も見ています