<紀要論文>
集団を対象とした観察研究におけるバイアス

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 Avoiding bias is essential in an observational study on population since bias leads to a misinterpretation of the magnitude of the effect on a result. Bias is classified into three categories; selecti...on bias, infomation bias and confounding. Selection bias refers to a distortion in the estimate of effect resulting from the manner in which subjects are selected for the study population. Information bias refers to a distortion in the estimate of effect due to measurement error or misclassification of subjects on one or more variables. Confounding is the bias that results when the study factor effect is mixed, in the data, with the effects of extraneous variables. We must maintain the specific characteristics of each of those biases in mind in order to control them. It is not fair to insist that a study result is incorrect because of a small bias since it is impossible to rule out any bias completely when data are collected by observation. Direction of bias is very helpful in judging the study result when some bias is noticed. Neither selection bias nor information bias can be controlled during the data analytic phase. Both selection bias and information bias should be minimized in the reseatch design. Confounding can be controlled in either the research design or the data analytic phase.
バイアスは要因と結果の関連の指標の強さを真の値から歪めるものである。集団を対象とした観察研究においては,バイアスは選択バイアス,情報バイアス,交絡に分けられる。選択バイアスは対象の設定の問題から起こるバイアスで,情報バイアスは情報が誤っているために対象を誤分類してしまう問題である。交絡は,原因と結果の双方に関係する他要因によって因果関係が歪められるバイアスである。観察による方法でデータを集める場合には,バイアスを完全になくすことはできないため,バイアスがあるからといってその研究が誤っているという考え方は正しくはない。バイアスをできるだけ少なくする努力は必要であるが,その研究から起こって来る可能性のあるバイアスを考え,そのバイアスが結果を過大評価したのか過小評価したのかを考察し,そのバイアスがあったとしても研究結果を支持できるかどうかを考察することも重要である。また,バイアスを小さくする方法は,選択バイアス,情報バイアス,交絡それぞれについて検討されなければならない。選択バイアスと情報バイアスの対策は研究計画を立てる段階でしかおこなうことはできず,分析の段階で工夫することはできない。一方,交絡は研究計画をおこなう段階でも,分析の段階でも対策を立てることができる。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092935-00001 pdf 763 KB 543  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12