<テクニカルレポート>
ディジタル無線通信用ベースバンド処理部における低消費エネルギー化技術

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では,ディジタル無線通信用ベースバンド処理部の低消費エネルギー化設計技術を提案する.ユーザ から要求される実効スループットやユーザの利用する通信環境に合わせて適応的にデータ転送レートやダイナミック レンジの制御を行うことにより低消費エネルギー化を目指す.まずは,ノイズやマルチパス現象といった通信環境の 現在の様子が十分にプロファイル出来ており,また,通信環境の変動は無視できるという仮定のもとに...,要求される 実効スループットに関する条件を満たす範囲内で消費エネルギーを最小化する問題を定義する.次に,ユーザから要 求される実効スループット,および,通信環境が変動する場合について考察を行う.
In this paper, we propose an energy reduction technique for digital wireless communication systems. This technique can be reduce the energy consumption with keeping required throughput by controlling the data rate and the dynamic range adaptively. The required throughput and the communication environment vary according as the each application and the using space. At first, we define the problem to minimize the energy consumption with keeping the required throughput when the current state of the communication environment could be known and the variation of the state of the communication environment could be ignored. After that, we consider the influence of the communication environment variation.
続きを見る

本文情報を非表示

tarumi04_5 pdf 132 KB 74  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.21