<テクニカルレポート>
動的システム最適化技術SysteMorphの予備性能評価

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 コンピュータのハードウェアや,ソフトウェアを動的に最適化する「動的システム最適化技術」が注目さ れている.筆者らはSysteMorph という適応型動的システム最適化技術の概念を用い,その応用システムの研究を行っ ている.本論文では動的システム最適化技術によって到達可能な性能向上を評価実験によって示す.動的システム最 適化技術による性能向上を対象プログラムの最適化前後のクロックサイクル数の比率で定...義する.評価実験の結果か らVLIW 型の加速実行部を持つシステムで高い性能向上が期待できるアプリケーションを示す.
Dynamic optimization technology for a system which dynamically optimizes both software and hardware is gaining attention of computer system researchers. The authors are researching SysteMorph, a feedback directed dynamic and adaptive hardware/instruction set architecture(ISA)/software co-optimization technology. The technology enables to optimize performance, power, and consumption energy for a system dynamically. In this paper the authors describe attainable performance improvement with the SysteMorph technology. Clock cycle counts of benchmark programs by applying the SysteMorph are evaluated using a simulation method. The performance improvement is shown as a rate of the clock cycle count comparing with unoptimized state. As a conclusion the authors show an application group which can achieve large performance improvement in a system using VLIW acceleration unit.
続きを見る

本文情報を非表示

eshima04_1 pdf 260 KB 137  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.21