<学術雑誌論文>
クモ膜下腔への進展を示した小脳pilocytic astrocytomaの1手術例

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 頭部打撲のためCT検査を受けて偶然に小脳腫瘍が発見され, 手術を受けた14歳の男性の症例を報告した.比較的厚い壁を有し, 増強効果を認めない嚢腫性腫瘍であったため, astrocytomaよりむしろgangliogliomaと考えた.手術では, 腫瘍を囲む小脳回も腫大しており, 腫瘍を一塊として摘出した.病理学的には, 多数のRosenthal fiberと顆粒小体を有する紡錘形の細胞からなり, ...pilocytic astrocytomaと診断した.腫瘍細胞はさらにクモ膜下腔にも拡がり, 小脳溝を埋めつくしていた.このように, 小脳のpilocytic astrocytomaは良性腫瘍ながら, クモ膜下腔への進展のみならずクモ膜下腔や脊髄への播種は稀ではない.これら, クモ膜下腔への進展ないし播種を示したastrocytomaの画像診断, 治療法, 予後について文献的考察を加える.
A cerebellar tumor was incidentally discovered on a CT scan of a 14-year-old boy, which was taken after a minor head trauma. The tumor had a large and thick-wall lining cyst, and was not enhanced with a contrast medium. Therefore, it was considered a ganglioglioma rather than a pilocytic astrocytoma. During surgery, the cerebellar cortex surrounding the tumor was found to be swollen. The tumor and the swollen cortex were removed en block. Histological examinations proved it to be a pilocytic astrocytoma associated with an extension to the surrounding leptomeninges. Radiological diagnosis, therapeutic strategy and prognosis of pilocytic astrocytomas with such an extension or dissemination into the subarachnoid space are discussed.
続きを見る

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.16