<会議発表論文>
マルチサービス環境に適したリンク不能性を実現するID管理方法

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年急速に,IC カードやRFID といったID デバイスが普及し,ユーザが一つのデバイスで複 数のサービスを受けられるという,マルチサービス化が進展している.しかし,単一のユーザID を複数の サービス提供者が共有すると,個人の行動履歴がリンクされ,個人の行動を追跡できるという問題が生じる. 本稿では,第三者やサービス提供者間に対するリンク不能性を実現しつつ,サービス提供者は自己の持 つユーザ情...報のリンクは可能であるようなID 管理方法を提案する.提案方法は,ユーザID をサービス提 供者毎に異なるものにし,ユーザとサービス提供者間のID の照合をハッシュ関数や公開鍵暗号を用いて安 全に実現することで,マルチサービス環境に適したリンク不能性を実現する.
Recently, ID devices such as smart cards and RFID tags are introducing multi-service environments, in which a user can receive many services by one ID device. However, there exists a problem that service providers can trace a user’s behavior by linking the user’s access history, if only one ID is assigned for the user. In this paper, we propose privacy-protecting ID management scheme for multi-service environments. Our scheme provides unlinkability of users’ accesses against third service providers, by preparing different user IDs for each service, and by using cryptographic protocol to exchange the ID between a user and a service provider, while linkability is assured between the user and the provider involved.
続きを見る

本文情報を非表示

nohara04_1 pdf 303 KB 46  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.16