<会議発表論文>
可変出力の長さを持つメッセージ認証コード:VMAC

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本論文では,SHA-V を基盤にする可変出力長を持つメッセージ認証コード,VMAC を提案 する. 2002 年に,我々はSHA-1 とHAS-V を基盤とする可変出力長のハッシュ関数,SHA-V を提案し た.一般的に,MAC の目的はメッセージの認証とデータ完全性である.MAC はブロック暗号システム, 対称鍵暗号システム,暗号学的ハッシュ関数を基盤とする.暗号学的ハッシュ関数を基盤とするMA...C は ハードウェアとソフトウェアの実装での速度面では優秀であるが,出力メッセージ長が短いため選択平 文攻撃に対して脆弱である.本論文で提案するVMAC は暗号学的ハッシュ関数の速い処理速度を維持し ながら,選択平文攻撃に対して耐性をもつ.続きを見る

本文情報を非表示

yong03_8 pdf 212 KB 81  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.09