<テクニカルレポート>
低スタンバイリーク電流のための入力ベクトル決定法について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 近年,チップ上のトランジスタ数の増加により,コンピュータの性能が向上しているが,その反面消費電力は増 加している.消費電力の増加は,非経済的であり携帯機器としては稼動時間を短くする.今までは消費電力削減と性能の維 持を同時に実現させるために閾値電圧が下げられていた.しかし,低閾値電圧ではリーク電流は増加する.スタンバイ時の CMOS 回路の消費電力はこのリーク電流が大部分を占めている.ゆえに,リー...ク電流を低減することは低消費電力に繋がる. このスタンバイリーク電流は回路の入力に依存しているので,回路に最小のリーク電流となる入力を与えることで消費電力 削減が図れる.  本稿では最小のリーク電流となる入力ベクトル,最小リークベクトル(MLV)を求めるアルゴリズムを提案し,実験及び 考察を行う.提案するアルゴリズムは二つの最適化アルゴリズム,Simulated Annealing(SA)法と分枝限定法に基づくも のである.二つの手法をベンチマーク回路に適用することによってMLV の有効性を確認した.
By the increase in the number of transistors on a chip,the performance of a computer is improving.On the other hand,the power consumption is increasing.The increase in power consumption is un-economical and shortens run time of portable devices.The threshold voltage was lowered to realize maintaining of performance and reducing power consumption.However,low threshold voltage increases leakage current.This leakage current occupies the great portion of standby CMOS circuit’s power consumption.Therefore, reducing leakage current leads to low power consumption. This standby leakage current is dependent on the input vector of a circuit,so giving the input vector which minimizes leakage current can reduce power consumption.  In this paper,we propose the algorithm which calculates the minimum leakage vector(MLV),and consider by experiments. The algorithms are based on ”Simulated Annealing(SA)” and ”Branch and Bound”.The validity of MLV was checked by applying two techniques to benchmark circuits.
続きを見る

本文情報を非表示

hirashima03_1 pdf 227 KB 120  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02