<研究報告書>
プログラマブルコントローラ向けアーキテクチャの検討と評価

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 FAの分野では,プログラマブルコントローラ(PLC)という制御機器が普及している.PLCは,主にプロセッサ部とメモリ部から構成されるが,メモリのコストがPLC全体のコストの大部分を占めている.よって,メモリのコストを減らす本稿では,PLCにおけるプログラムの性質を用いて内部の処理を効率的に行うことで,メモリアクセス回数を隠蔽し,低速な汎用メモリを使用しても性能の低下を最小限度に抑えることのできるP...LC専用アーキテクチャを検討し,その性能を評価した
A Programable Controller(PLC) is used in the field of FA(Factory Automation). PLC equips the processor and the general-purpose memories. The cost of the memories accounts for a large portion of the whole cost of the PLC, so it is required to cut costs of the memories. However, the performance of the PLC is determined by that of the memories, so there is a trade-off between the performance and the cost. In this paper, we consider the dedicated architectures which can minimize the effects of the memory access latency ,and evaluate the performance.
続きを見る

本文情報を非表示

daisukey02_1 pdf 250 KB 44  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02