<会議発表論文>
HAVAL 簡約版の衝突を通した安全性の分析

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 HAVAL はZheng らにより提案されたハッシュ関数であり, 128, 160, 192, 224 ビットといっ た可変長の出カが可能なハッシュ関数として, 3-pass, 4-pass, 5-pass で構成される.これらは段階の数, 置換の順序, ブール関数などが異なる.P.R.Kasselman やPark らは3-pass の中の連続した2-pass を利 用することにより, 3-pa...ss HAVAL の衝突を発見した.本論文では, HAVAL の安全性を検証するために, 3-pass の中の連続でない2 つ(1-pass, 3-pass), また, 4-pass の中で連続した2-pass を利用してHAVAL の衝突を発見することを試みた.これらの結果を通してHAVAL の安全性を分析する.この分析を通し て, 置換の順序やブール関数がHAVAL の安全性に及ぼす影響について評価した.このためにPark らの 攻撃手法を導入した.続きを見る

本文情報を非表示

yong02_7 pdf 169 KB 49  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02