<会議発表論文>
不在者投票を考慮した電子選挙システム

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究では、不在者投票をも電子化した無記名型電子投票システムを提案する。日本の現行の選挙 法では、不在者が投票後、開票するまでの間に死亡したり選挙権を喪失した場合には、無効票とみなして対応 する必要がある。したがって、提案する電子投票システムでも、プライバシーを侵害することなく、如何にし て、投票後に不在者投票を無効化するかが鍵となる。
In this paper, we propose an un...signed electronic voting scheme to be electronic for an absentee voter. According to the existing election law of Japan, after an absentee voter enforces the voting, if absentee voter died or lost the right of casting the ballot before the tallying, the voting contents of this absentee are dealt with invalid. We should consider such these points in order to compose the e-voting system. So, our e-voting system can detect whether it infringes on the privacy or not, and we have an eye to make an invalidation of an absentee voting (after cast a vote).続きを見る

本文情報を非表示

yong02_5 pdf 48.9 KB 66  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02