<学術雑誌論文>
実時間ビジョンシステムのための信頼度駆動メモリ

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 画像から精度の高い情報を得るためには,莫大な計算量が要求される.一方で,実時同性が要求されるアプリケーションでは,ある人力に対応する出力が得られるまでの遅延は小さければ小さいほどよい.つまり,計算結果の精度と遅延のトレードオフを考慮する必要がある.筆者らは,信頼度駆動という新しい概念により,精度と遅延のトレードオフの問題を簡潔なモデルで定式化する.そして,このモデルを利用するためのプログラミング・...インタフェースとして信頼度駆動メモリを実装する.本論文では,シミュレーションおよびアプリケーションによる実験の結果から,信頼度駆動メモリの有効性を示す.
To get accurate information from input-images, the huge amount of computation power is required. On the other hand, in real-time system we must take care of the latency. Under given hardware resources, we must make difficult trade-off between the precision and the latency. In this paper we propose Confidence-driven scheme and formulize the problem as a simple model. Here, we will present the Confidence-driven Memory architecture as its programming interface and show its efficiency based on some experimental results.
続きを見る

本文情報を非表示

YoshimotoIPSJ03 pdf 386 KB 99  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02