<テクニカルレポート>
ビリヤードを対象としたプロジェクタ・カメラシステムによる実世界作業支援

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本研究では,作業内容に習熟していない作業者に手順決定に必要な情報と手順の遂行法を提示する作業支援システムを提案する. 具体的な作業にはビリヤードにおける球を穴に入れる作業を扱い,コンピュータビジョンの技術を用い,カメラ画像から人間の介入なしに作業段階を認識し,拡張現実感の技術を用い,プロジェクタによりビリヤード台上に直接的に作業支援情報を提示し,本来の作業を阻害することなく作業支援を行うシステムを...開発した.作業支援情報は,手順決定支援情報として4つのショットの打ち筋を提示し,手順遂行支援情報として,キュースティックの向きと位置,打つ強さを提示する.さらに,提案した作業支援システムを用いてショット遂行実験を行い,このシステムの有効性を確認した.
We propose a task supporting system which shows beginners information to plan and to execute their task processes. As an example task, we employ ball-pocketing tasks of billiards. The support system recognizes the current task states, i.e., ball and cue stick positions, from camera images using computer vision techniques and shows support information directly on a billiard table by a projector. The system is implemented to projecting target lines of four kinds of shots, cue stick orientation and position, and shot strength information. We have confirmed effectiveness of the system by making preliminary experiments.
続きを見る

本文情報を非表示

OgataCVIM06 pdf 6.6 MB 553  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
主題
ISSN
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.03.02