<会議発表論文>
複数カメラを用いた実時間三次元手形状推定

作成者
本文言語
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本稿では,ヒューマンインタフェースやインタラクティブシステムへの応用を目的としたビジョンベースの実時間三次元手形状推定手法を提案する.人の手は多くの関節を持つため形状のわずかな変化でも見えが大きく変化するだけではなく,手の回転によりセルフオクルージョンを引き起こすことが推定を困難にしている.本研究では,複数カメラで得られた画像から,オクルージョンが少なく,手形状の情報量が最も多いカメラ画像を2枚選...んで,特徴点の三次元位置及び手の回転角度を求め,それに基づいて手の3次元形状を推定する.手指の形状推定では,画像特徴からモデルベースによる制約知識を利用した逆運動学手法(IK)による推定と,IKの結果を受け仮説を立てた画像解析という様に,相互の情報を利用することで手指形状推定を行っていく.複雑背景における実画像を用いた実験結果は本手法の有効性を示している.
This paper proposes a novel method for real-time 3D hand shape estimation that can be used for vision-based human interface and interactive applications.In this method, to reduce the influence of self-occlusion, hand shape features are acquired from the multiple camera images and two proper cameras are automatically selected for stereo vision. Then, all joint angles are estimated by inverse kinematics. Considering that the motion constraints of the articulated hand can reduce the estimation complexity arising from the high degrees of freedom of the hand, physical hand constraints heuristically introduced are combined with Inverse Kinematics to make the estimation more efficient. The effectiveness of our approach is demonstrated with experiments on a number of different hand motions with finger articulation and global hand rotation under complex background.
続きを見る

本文情報を非表示

ChenMIRU06 pdf 719 KB 776  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2020.11.17

この資料を見た人はこんな資料も見ています