<会議発表論文>
黒板講義におけるチョーク音検出を利用した講義自動撮影システムの構築と評価

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 我々の研究室では、黒板を使用した講義を自動的に効率よく撮影するシステムACEを構 築している。従来のACEでは、教師が新しく板書した領域を板書終了後一定時間ズームして撮影す るという手法を採っていた。しかし、その撮影方法は人間の目の動きとは違うため、不満を感じる生 徒もいた。そこで本研究では、より人間の目の動きに近い撮影方法を考案した。その際に必要になる のが、教師が板書を開始したことと終了したこ...との判定である。画像情報のみでは板書動作の判定を 誤ることがあるため、板書動作時に生じるチョークの音を利用し、板書動作の判定を行った。 本稿では、実際の講義を対象にしてACEで撮影した映像と固定カメラで撮影した映像との比較、ま た従来のACE映像と本手法のACE映像との比較を、学生のアンケートにより評価した。
We are developing an Automatic Camera control system for Education: ACE, which captures a traditional lecture with a blackboard. The early version of ACE focuses on the latest object written on a blackboard by a teacher when he finished writing it. This videoing strategy, however, is different from moving of student’s eyes. In this paper, we present a new videoing strategy which is better than the old one. When our new strategy is realized, it is necessary for ACE to guess beginning and ending of teacher’s writing. The early version of ACE mis-judges ending of his writing according to the region occluded by him because it guesses it only using image processing. We have improved, then, our guessing method with both image and sound processing. We have applied, furthermore, our new method to videoing a real lecture and validated it.
続きを見る

本文情報を非表示

AshikawaHinokuni03 pdf 107 KB 110  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
関連情報
主題
注記
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.02.28

この資料を見た人はこんな資料も見ています