<紀要論文>
汎用マイクロプロセッサを用いたDatarol-IIプロセッサエレメントにおける細粒度スレッド処理機構

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 超並列処理における重要な問題であるリモートメモリアクセスのレイテンシー問題を解決することができる細粒度マルチスレッド処理アーキテクチャ Datarol-IIを汎用マイクロプロセッサを用いて実現する方法を示した。ここで示した汎用マイクロプロセッサにスレッド処理拡張機構を付加する方式は、専用プロセッサの比べると他方性能が劣るものの、ハードウェアの作成のし易さの点で優れており、並列計算機に実用化に有用な...方式であることを示した。
In massively parallel processing, one of the most critical issues is the latency problem caused by remote memory accesses and remote procedure calls. To solve the problem, we have been developing a Datarol-II processor, which hide the latency effectively by sophisticated fine-grain multi-thread processing. Although the Datarol-II processor requires a great cost of its development, we can significantly reduce the development cost by replacing the thread execution unit of a Datarol-II processor with a off-the-shelf micro processor and some additional hardware for context switching. In this paper, we present the design and the performance evaluation of a Datarol-II processor based on a off-the-shelf micro processor.
続きを見る

本文情報を非表示

p331 pdf 253 KB 91  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2010.03.31
更新日 2017.02.24