<テクニカルレポート>
音源位置同定によるカメラの首振りに関する研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 画像処理を行う際に対象を画像内に確実に大きく捉えるために、状況に応じて撮影時にカメラを能動的に操作する手法がよく用いられる。この場合、カメラで撮影する方位を決定するための情報が重要となり、対象物体の存在する大まかな位置情報の獲得が望まれる。本研究では対象物体が発する音を用いて位置情報を得ようとする試みを行った。複数のマイクロフォンを空間中に配置し、観測される信号をMUSIC法と呼ばれる手法で解析す...る。その結果、マイクロフォンを2つ用いた場合実空間で誤差約±2[°]以内の精度で音源の方位を推定することが可能であることが分かった。また、音源の方位へカメラを向けるシステムを構築し、ほぼ実時間でカメラを制御できることを示す。
Active vision scheme is frequently used to catch targets in the image stably and widely for the following image processing. In this case, acquiring target location information in real-time is required to control cameras. To acquire target location information, we use acoustic information generated by targets. Acoustic signals acquired by microphone array are processed by MUSIC method which estimates sound source locations. The experimental results shows that the direction of sound source is estimated with high accuracy. And we construct a prototype system with microphone array to show a pan-tilt camera is well controlled to capture the target image in real-time.
続きを見る

本文情報を非表示

KunitaCVIM02 pdf 745 KB 29  

詳細

レコードID
査読有無
権利関係
関連情報
関連情報
主題
ISSN
注記
タイプ
登録日 2009.06.13
更新日 2017.02.23