<テクニカルレポート>
細粒度データ転送機構による実時間並列画像処理環境RPVの低レイテンシ化

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 我々はこれまでの研究により,分散並列計算機を利用した実時間並列画像処理環境RPVを実現した.しかしRPVの問題点として,計算機をパイプライン型に並べることにより計算能力(スループット)を向上させることが可能なかわりに,画像が入力されてから結果が出力されるまでの時間(レイテンシ)が増大してしまうことが挙げられた,今回の発表では,この問題を解決するために細粒度データ転送機構を導入したRPV-IIについ...て説明し,また,これを利用した視体積交差法による対象物の3次元形状復元システムについて述べる.
We have developed RPV, a real-time parallel image processing environment. However it has a problem that pipeline-based parallel processing scheme, which makes the computation power(throughput) higher makes latency, or the time interval between capturing images and outputing results larger. In this report, we describe RPV-II supporting fine grained data transfer mechanism which solves the latency problem. Also we present volume reconstruction system using visual cone intersection method on RPV-II.
続きを見る

本文情報を非表示

AritaPRMU01 pdf 747 KB 40  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2013.09.19
更新日 2017.02.10