<学術雑誌論文>
PCクラスタを利用した実時間並列画像処理環境RPV

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 本論文では,分散並列計算機の1種であるPCクラスタを利用し,実時間並列画像処理アプリケーションを構築するためのプログラミング環境である RPVを提案する.RPVを利用することによりアプリケーションプログラマはノードPC間のデータフロー情報と各ノードPCで実行されるデータ処理タスクのみを記述すればよく,まずこの記述法について述べる.また,このためには,データ転送機構,同期機構,エラー処理機構をRPV...側で用意する必要があるので,次にこれらの実装方法についても述べる.最後に実験によってRPVの性能の評価を行う.
We propose RPV, which is a programming environment for real-time image processing on a PC-cluster. Using RPV, an application programmer does not have to write such mechanisms necessary for real-time parallel image processing as real-time data transfer, synchronization and error recovery, but he/she only have to describe data flow information between PCs and data processing task on each PC. In this paper, we describe the specification of programming library, implementation methods of such mechanisms and experimental results for performance evaluation.
続きを見る

本文情報を非表示

AritaIEICE01 pdf 1.05 MB 38  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
タイプ
登録日 2009.06.06
更新日 2017.02.10