<テクニカルレポート>
日本語文章の推敲支援を目的とした並列構造の指摘

作成者
本文言語
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 日本語文章中における並列構造とは、1文中に同等の機能を持つ複数個の文節列が並んだ構造である。並列構造を含む文は、どの文節列とどの文節列が並列であるのかという認識において曖昧性を含みやすく、このため文の書き手と読み手の間に食い違いが生じることがある。本研究は、述語並列の並列構造を推定し、書き手と読み手の間に食い違いが生じやすい並列構造を文章推敲の立場から指摘することを目的としている。本稿では、ユーザ...に煩わしさを感じさせない待ち時間で処理を行うために、字面の情報を主に利用した述語並列の構造推定法について述べている。
In Japanese documents, sentences with some coordinate structures are often ambiguous when two components of the coordinate structure are recognized. It is often the case that the reader cannot recognize the coordinated components which the writer intends. As a result, some communication gaps occur between the writer and the reader. In this paper, we describe he method for extracting coordinate structures consisting of clauses and estimating the coordinated components. Our method analyzes a Japanese document with textual information mainly, so that the writer can comfortably find information of coordinate structures in a few seconds.
続きを見る

本文情報を非表示

SuganumaDD99 pdf 768 KB 22  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
タイプ
登録日 2009.06.13
更新日 2017.02.09