<紀要論文>
中高年者水泳教室での運動処方実践例

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 In this paper, the procedure of presciption of swimming exercise for adult males and females (30 to 64 years of age) and its effect on the physiques, components of biochemical-blood materials, and phy...sical fitness. The duration of execise per day was 2 hours. Twenty-seven females and two males participated for ten days, adding to medical, psychological and educational lectures for 5 days. The mean values of Vo2 max per body weight kg were 26.74±3.97, 28.53±5.87 ,/kg/min, respectively. PWC were 638.06±181.7, 687.04±179.9 kpm per body weight (kg) respectively. According to Vo2 max/kg, the melative intensity was lower (lesser than 40%) initiative stage, but higher (50 - 70%) at later stage. The discussion was made concerning the relative level of Vo2 max at ground and underawter environments. (Journal of Health Science Kyushu University, 10: 153-160, 1988)
公開講座「マスターズ水泳教室」での運動処方の手順ならびにその医学・体力学的な効果について検討した。1)体力・医学検査を行い,その総合的評価を指導そのものに用い,一方で参加者にフィードバックして総合的な処方を行おうとした。2)血液生化学検査の結果,脂質代謝に異常のみられるものが多かったが,講座終了時には改善の傾向を示すと考えられた。3)体格からえられた肥満度の指標には当初に肥満傾向が観察され,それに対する顕著な効果は見いだせなかった。4)個人ごとの相対強度にもとずき,水泳練習を課したが,「泳力のほとんどない」参加者は初期段階において十分な運動量が確保されておらず,後期にいたって50〜70%程度の運動量が確保されるようになった。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092753-00001 pdf 628 KB 336  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12