<紀要論文>
スポーツ選手の心理的競技能力のトレーニングに関する研究(4) : 診断テストの作成

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study was to make a check-list by which psychological-competitive ability of athletes can be diagnosed. A questionnaire was administered to 168 male and 68 female atheletes who par...ticipated in the National Athletic Games in October, 1986. The results obtained are summarized as follows; 1. Factor analysis was applied and five factors were named as follows; ability to increase a competitive motivation (include endurance, fighting spirit, challenge and intention to win), ability to stabilize mental states (include relaxation and concentration), ability of confidence, ability of strategy and cooperative ability. 2. The relationships between the five factors and various traits of athletes were very remarkable. Accordingly, we quessed a possibility of predicting and diagnosing about psychological-competitive ability of athletes by this quetionnaire. 3. On the basis of these results, a short form of check-list was maked in order to appreciate mental state of athletes in competition. (Journal of Health Science, Kyushu University, 10: 73-84, 1988)
昭和61年度国民体育大会福岡県選手男子168名,女子68名を対象にして,スポーツ選手の心理的競技能力の診断法の開発を試みた。おもな結果は,つぎのとおりである。1)心理的競技能力を表現すると思われる68項目からなる調査票を作成し,調査を実施した。信頼性係数,項H分析の結果から3項目を削除し,65項目について因子分析を行った。その結果,5因子と6つの下位因子を抽出した。2)心理的競技能力の因子は,競技意欲を高める能力 (忍耐力,闘争心,チャレンジ精神,勝利志向性の下位因子),精神を安定・集中させる能力(集中力,リラクゼーションの下位因子),自信をもつ能力,作戦を予測・判断する能力,協調性の能力と命名された。3)抽出された各因子は国体選手の諸特性と顕著な関係がみられ,心理的競技能力テストとしての妥当性が推測された。4)抽出された各因子を代表する簡単な質問文から,試合中の心理状態を評価する方法を作成した。5)今後,適切な項目や因子の追加・修正を行い,中学生から一般社会人に使用できる診断法を作成しなければならない。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092742-00001 pdf 888 KB 1,826  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.06.12