<紀要論文>
飼料イネ栽培における青刈り・再生利用に適した品種の検索

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 青刈り再生イネ利用に適した飼料イネ品種を検索するため、インド型、日本型および日印交雑の多収イネ9品種を供試し、乾物収量、消化率および窒素含有率を調査した。その結果、極晩成インド型浮稲品種のRAYADA(FRC14)では、茎葉のみで3kgm-2以上の極めて高い乾物収量が得られた。これらの品種は草丈が高いために倒伏しやすいが、この防止のためには青刈りの実施が有効であった。また、青刈りによって再生イネの...消化率や総窒素含有率の向上が認められることから、イネの飼料化に置いて、乾物収量は多いが倒れやすい品種あるいは消化率や飼料品質の劣る品種については青刈り、再生イネの利用が有効と考えられた。
In order to search adaptable varieties for the use of soiling and ratooning rice in forage rice cultivation, using 9 high yielding rice varieties including Japonica, Indica and Japonica-Indica cross varieties, dry matter yield, digestibility and nitrogen content were investigated. As a result, among varieties used, the highest dry matter yield over 3kgm-2 was obtained in RAYADA(FRC 14) which is a deepwater rice and extremely late maturing variety. This variety lodged in control plot, because of the high plant length. However the lodging was prevented by soiling. Futhermore, the digestibility and the total nitrogen content of ratooning rice were improved by soiling. It is suggestes that the use of soiling and ratooning rice is effective for the variety with high dry matter yield but easy to lodging, and that with low digestibility and low nitrigen content.
続きを見る

本文情報を非表示

p069 pdf 515 KB 144  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.30