<紀要論文>
カックロール(Momordica dioica Roxb.) の八倍体作出

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 カックロールの八倍体作出を目的とし、倍加処理方法を検討するとともに、得られた倍加個体の特性を調べた。コルヒチン0.2%、0.4%、もしくはアミプロホスメチル0.003%の種子浸漬処理により八倍体が得られた。中でも最も効果が高かったのは、コルヒチン0.4%処理であった。また、アミプロホスメチル0.003%処理区では発芽率がほとんど低下することがなく八倍体が得られた。多芽体浸漬処理ではコルヒチン0.0...5%・12時間、24時間処理区および0.1%・24時間処理区の処理2ヵ月後のシュートからそれぞれ1個体ずつ、計3個体の八倍体が得られた。 得られた八倍体は四倍体よりも葉長、葉幅が長く、葉形指数が小さかった。また八倍体では鋸葉が明瞭である。葉の表面の凹凸が顕著であるなどの特徴が観察され、四倍体よりも孔辺細胞が大きかった。
Chromosome doubling through seed and multiple shoot treatments was conducted to obtain octoploid kakrol (Momordica dioica Roxb.) plants. Seed treatments with 0.2, 0.4% colchicine or 0.003% amiprophos-methyl were effective to chromosome doubling, among which the treatment with 0.4% colchicine was most effective. Amiprophos-methyl treatment also brought octoploid plants with high rate of seed germination. Multiple shoot treatments with 0.05% colchicine for 12 and 24 hours, and 0.1% colcjicine for 24 hours also brought octoploid plants. Leaf and guard cell size were bigger, and leaf shape index (leaf length/leaf width) was lower in the octoploid than in tetraploid plants. Leaves of the octoploid plants were uneven on the surface with clear serrations.
続きを見る

本文情報を非表示

p055 pdf 598 KB 210  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.30