<紀要論文>
バングラデシュで栽培されているカックロール(Momordica dioica Roxb.)の倍数性

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 染色体観察、減数分裂観察ならびにフローサイトメトリーにより、バングラデシュで栽培されているカックロールのほとんどが2n=4x=56の四倍体であるが、わずかに2n=2x=28の二倍体も存在することが明らかになった。
Most of the cultivated kakrol (Momordica dioica Roxb.) plants in Bangradesh were confirmed to ...be tetraploid(2n=4x=56) by somatic chromosome counting, PMC observation and flow cytometry analysis. One accession collected in Rangpur out of 66 accessions was siploid(2n=2x=28).続きを見る

本文情報を非表示

p049 pdf 771 KB 120  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.30