<紀要論文>
喫煙行動の形成・変容過程に関する考察

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This paper reports on the relationships between smoking behavior and social psychological variables in order to refine the changing process of smoking behavior. The surveys, which were conducted three... times in the same contents, were distributed to male students of university in 1980, 1981. Data collection included the behavior and consciousness of smoking, social demographic variables, personality, beliefs, attitudes, significant others and leisure activities. The data were mainly analyzed by Hayashi's quantification theory, factor analysis and multiple regression analysis. Some results were summarized as follows : 1. The considerable propotion of students had smoking habit, and their beginning time were fairly early. On the other hand, the greater part of them had negative and passive beliefs about smoking. This means the inconsistency between behavior and consciousness in smoking. 2. Partial correlation coefficients with smoking behavior were high in the degree of satisfaction in life, smoking behavior of their good friends and consciousness on smoking. 3. Although personality which was consisted of four factors; affective, adaptive, active and willful, had not so strong relations with smoking behavior, significant strong relations were revealed in affective and adaptive factors, and non-smokers were high in willful factor. 4. Non-smokers had better conditions and higher consciousness on health than smokers, but the differences were not significant. 5. On the cognitve beliefs about smoking, which was consisted of three factors; affective, social and somatic, the most remarkable difference was observed in affective factor. Similarly, there was significant difference in emotional and expressive attitudes on smoking. Students who began smoking after the entrance into university had similarities with smokers in affective beliefs and emotional attitudes prior to smoking. 6. While smokers had strong orientations to commercial leisure activities, non-smokers had orientations to cultural and sportive actions. 7. Family had not so strong influences on smoking behavior, but their friends had remarkable influences. On the other hand, the normative beliefs, the advices of prohibition in smoking from others, were reversed. 8. Multiple regression analysis of the aboved social psychological variables revealed strong relationships between smoking behavior, attitudes on smoking and significant others.
本研究は健康行動の形成・変容過程を考察するための1つの予備的研究として,近年話題になっている喫煙行動をとりあげ,その行動を規定し形成している社会的・心理的変数の関与について,大学生男子を対象に3回の調査を実施することにより分析を試みた。主要な結果は次のように要約される。1.喫煙者の比率はかなり高く,その開始時期はかなり早期であるが,全般的には喫煙に関して否定的・消極的な意識を持つ者が多い。逆にこのことは否定的意識を持ちながらも喫煙を継続したり,喫煙に移行したりする者が多いことを意味し,喫煙の形成過程の考察においては他の社会的・心理的変数の認識の重要性を示唆するものである。2.数量化理論第II類により喫煙行動に関する基礎的・社会的変数の規定力を分析した結果,生活満足度・親友の喫煙状況・喫煙有害意識などが高い偏相関を示した。3.性格との関連をみると,抽出された4因子のうち情緒性と適応性の因子で差異が認められ,情緒性と適応性は喫煙者ほど顕著であるのに対し,意志性は非喫煙者において高いことが明らかにされた。4.健康の状態と意識については,相対的に非喫煙者ほど健康度が高く,健康の重要性を強く認識しているが,その差はそれほど顕著ではなく,健康以外の要因の重要性が示唆された。5.喫煙を認知的にいかに評価するか,つまり喫煙に関する信念ついては,因子分析により感情性・社会性・身体性という4つの因子が抽出されたが,喫煙者と非喫煙者の間には感情性因子において最も顕著な差異が認められた。特に喫煙移行群では喫煙開始以前から信念のレベルが低く,喫煙に伴い感情性因子において著しい低下がみられた。6.喫煙の有無により喫煙に対する情緒的・表出的なイメージ(態度)には大きな違いが存在し,喫煙者ほど好意的・積極的イメージを持っていた。特に喫煙移行群では喫煙開始以前からイメージが好意的であり,喫煙に伴いそれは更に積極的なものとなった。7.娯楽や文化的活動における差異をみると,喫煙者ほど商業的・奢侈的活動への志向が強く,非喫煙者ほど文化的活動やスポーツヘの志向が強い。8.喫煙に対する重要な他者の影響において,家族の影響は強いとはいえず,友人の影響が顕著である。しかしながら,禁煙の忠告の可能性(規範信念)においては家族のそれがやや強く,友人の場合は著しく弱い。9.これらの結果を総合的にみるために重回帰分析により諸変数の相互の関係を検討した。その結果,喫煙行動に密接に関連する変数として喫煙に対するイメージ(態度)があげられ,次いで重要な他者の喫煙状況の関与が強く,この2変数によって喫煙行動のほとんどが説明された。以上みてきたように,喫煙行動に対して重要な影響力あるいは規定力をもつ変数として,特に情緒的・感情的・表出的な成分を中心とする喫煙に対するイメージ(態度)および信念や,友人を中心とする重要な他者などが重視されるべきことが明らかにされたことは,従来の喫煙防止教育,つまり規範的あるいは認知的側面を中心とした考え方に対して,若干の再考を促すものとなるものであるとともに,健康問題に関する社会科学的アプローチの今後の必要性と可能性を示唆するものであるといえよう。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093226-00001 pdf 1.27 MB 378  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.10
更新日 2018.09.05