<紀要論文>
近年の海水温上昇による筑前海沿岸魚類相の変化

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本報は、筑前海沿岸魚類相の年変化を明らかにすることによって温暖化による海水温上昇の影響の実態を把握することを目的とした。「現在」、「10年前」ならびに「50年前」の魚類相について比較した結果、それぞれの調査年代の魚類相は半数程度しか共通しないことを明らかにした。さらに、主に亜熱帯区から熱帯熊手を分布域とする種群である南方系種の占める割合の増加傾向が見られた。周辺海域の水温は1980年以降0.1℃/...年の速さで昇温しており、南方系種の増加は海水温の上昇による影響と考えられた。このような南方系種の増加を伴う魚類相の変化は、地球温暖化に伴った海水温上昇によることが示唆された。
It is reported that the rise of water temperature progressing with global warming has exerted a large influence on geographical dostribution and community structures in fishes. Fishes occurring at "present", "ten years ago ", and "fifty years ago" at the Chikuzen Sea, northern coast of Kyushu, Japan, were compared and it was found that only half of fish species were common between each of these ages. Futhermore, it was noted that the propotion of fish species, which were distributed in the subtropical and the tropical seas increased during these years. The coastal water temperature in the area has risen ar 0.1℃ annually since 1980 and it was thought that this is the season for recent changes in fish faura at the Chikuzen sea.
続きを見る

本文情報を非表示

p187 pdf 862 KB 822  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.27