<紀要論文>
カンショ(Ipomoea batatas Lam.)におけるピロリン酸依存ホスホフルクトキナーゼの役割

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 カンショにおけるPpi依存ホスホフルクトキナーゼの役割を検討するため、部位別および塊根の形成過程におけるPpi依存ホスホルクトキナーゼとATP依存ホスホルクトキナーゼの活性を調査した。塊根では糖の代謝に関わる主な酵素の中でATP依存ホスホルクトキナーゼとPpi依存ホスホルクトキナーゼの活性は幼葉と塊根で高かった。また、塊根形成過程の根においてATP依存ホスホルクトキナーゼの活性は低下したが、Ppi...依存ホスホルクトキナーゼの活性は直径16mmの根において最大値をとる2次曲線の変化を示した。
The activity of PPi-dependent phosphofructokinase and ATP-dependent phosphofructokinase in different parts and change of enzymatic activities during development of tuberous root were investigated to understand roles of PPi-dependent phosphofructokinase in sweet potato(Ipomoea botatas Lam.). The activity of ATP-dependent phosphofructokinase and PPi-dependent phosphofructokinase was very low compared with main enzymes related to carbohydrate metabolism. The activity of ATP-dependent phosphofructokinase was higher in root than other parts. the activity of PPi-dependent phosphofructokinase was much higher in young leaf and tuberous root, whereas the activity of PPi-dependent phosphofructokinase showed maximum in root with diameter of 16 mm.
続きを見る

本文情報を非表示

p009 pdf 300 KB 84  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.27

この資料を見た人はこんな資料も見ています