<紀要論文>
傾斜地における圃場整備が生産環境因子に及ぼす影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 今後増えると予想される中山間地域での圃場整備において重要になってくるのは、作業効率・生産性の向上のみならず、中山間地域が担う国土の多面的機能の維持・保全である。農地保全の面からも持続的な農村環境の創造が不可欠になっている。本研究では事業が環境に与える変化を日射環境、土壌水分環境、地温環境、土壌流出の4点から考察した。圃場整備は茶の生育を促進する受光日射量の増加をもたらし、労働時間の短縮、省力化にお...いて大きな効果を上げる。しかし同時に土壌流出における地力の減退や、感想による土壌侵食、生態系や景観の変化などへの影響が生じてくる可能性を否めない。このマイナス面の影響を防ぐには、事前の様々な視点からの観察や調査、データの蓄積および対応策の検討など、ミティゲーションの立場に立った整備事業のあり方が求められる。
The important things in agricultural infrastructure improvement are increasing the productivities and efficiencies of work in cultivation. Recently, keeping of multifunctional roles at hilled are is becoming indispensable to establishing the sustainable hilled area. This time, we consider environmental changes of solar energy, soil moisture, soil temperature and soil erosion, resulted from the land adjustment. Various environmental changes and characteristics are clarified on the agricultural fields with different slopes and azimuths. Reclamations of the hilled area will improev the productive conditions, but on the other hand, sometimes and unexpectedly bring about the unprofitable conditions on the ecosystem, landscape and soil conservation. For preventing these losses, it would be requested to make observations and to accumulate the data related to environment, and to keep positive atitude on mitigation.
続きを見る

本文情報を非表示

p043 pdf 499 KB 237  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.27