<紀要論文>
Sprague-Dawleyラットの抗体産生に及ぼす酢酸摂取の影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 ラットにおける摂食実験において、玄麦玄米酢の抗体産生能促進作用が認められている。しかし、その効果が一般的な食酢に対して玄麦玄米素中の特有な作用であるのか否かについては明らかにされていない。そこで本研究では玄麦玄米酢摂取群に対する対照群に酢酸摂取群を用いて玄麦玄米酢の抗体産生能促進作用について検討を行った。その結果、血中抗体濃度は酢酸および玄麦玄米酢ともに摂取用量依存的に増加し、酢酸摂取群は玄麦玄米...酢摂取群に比べて同等かそれ以上の効果が認められた。MLNリンパ球の抗体産生能も酢酸および玄麦玄米酢摂取により増強され、酢酸摂取による影響が大きかった。一方、脾臓リンパ球の抗体産生能には有意義な影響をおよぼさなかった。これらの結果から、酢酸が血中抗体濃度を高める効果を有し、その効果はMLNリンパ球の抗体産生能を増強することに由来することが示唆された。
Although it has reported that Dietary Genbakugenmai-su(G-Ac) has an enhancing effect on immunogloblin (Ig) productivity in rats, its effect was not elucidated whether the individual properties of G-Ac or not. In this study, we compared the dietary effect of between G-Ac and acetic acid as general dietary vinegar. As result, serum Ig concentration was dose-dependently increased by both of G-Ac and acetic acid, and the effect of academic acid was almost equal or higher than the effect of G-Ac. Ig productivity of MLN lymphocytes was also reinforced by both of G-Ac and acetic acid. And its effect of acetic acid was greater than that of G-Ac. On the other hand, Ig productivity of spleen lymphocytes was not effected by G-Ac or acetic acid. These ersults suggested that acetic acid feeding reinforces Ig productivity by MLN lymphcytes, and its effect contributed to the increment of Ig concentration in serum.
続きを見る

本文情報を非表示

p013 pdf 456 KB 70  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2012.07.30
更新日 2017.01.27