<紀要論文>
サヨリとクルメサヨリの鱗域発生過程

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 サヨリ属魚類の鱗域発生過程を明らかにするために、天然仔稚魚を供試魚として成長に伴う鱗域の発生および発生過程について調べた。 初生鱗の出現箇所およびその拡張過程は両種とも同じであり、前鰓蓋、ついで尾柄側面正中に出現し、それぞれが範囲を広げながら連結することで体全体を覆った。鱗域発生は最後に上顎上面を覆うことで完了した。鱗域の完成した最小個体の体長はサヨリで47.0mm、クルメサヨリで50.2mmであ...った。 本研究の結果を他の分類群における鱗域発生過程と比較したところ、前鰓蓋から開始する特徴は両種の形態的な特性であることが明らかになった。
Squamation of two Japanese Halfbeaks, Hyporhamphus sajori and Hyporhamphus intermedius were examined. H. sajori were collected from May to August in coastal area of Buzen sea, and H. intermedius were collected in June and July in etsuarine ares of Chikugo river. A 100 specimen of H. sajori and 96 specimen of H. intermedius were used for observation. The sequence were same on both species. The first scale area was seen on preopercle an finished by voveing the dorsal area of the upper jaw. The smallest specimen with completed squamation was 47.0mm in H.sajori and 50.2mm in H. intermedius in standard length, respectively. Compared with other reports of squamation in Teleost, this is the only report of squamation whose first scale appear on preopercle. So it is suggested that the squamation from preopercle on Hyporhamphus, found in the present study, is a remarkable feature of Hemirhamphidae or Belononiformes.
続きを見る

本文情報を非表示

p009 pdf 302 KB 233  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2012.07.30
更新日 2017.01.27