<紀要論文>
スポーツ行動診断検査(DISC.1)の作成

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The present study was carried out to make the Diagnostic Inventory for Sport Counseling (DISC. 1) to keep and improve the people's health. A questionnair was administered to 1050 male and 949 female a...t junior high schools, high schools, colleges and full-fledged members in Fukuoka and Kumamoto prefcctures, from June to July in 1981. The results obtained are summerized as follows ; 1. Counciousnesses of sport (attitude to toward sport, beliefs about consequences of sport and normative beliefs) were effective variables to predict the behavioral intention to sport. 2. We appreciated a possibility of classifing the counciousnesses of sport becouse each clusters classified by non hierarchical cluster analysis correlated highly with sport behavior, behavioral intention to sport and the several variables about sport. 3. Then, we classified the individual profile of conciousnesses of sport to one of five types, five quasi-types and four mixed types. 4. Five types correlated highly with sport behavior, behavioral intention to sport and other several variables about sport. 5. Through the mentioned process above, we made out the Diagnostic Inventory for Sport Counseling to guide and advice to future sport behaviors.
人々の健康を維持・増進するための1つとして現在のスポーツ行動を総合的に診断し,指導・助言を与える方法としてスポーツ行動診断検査の作成を試みた。その結果は次のように要約することができる。1.スポーツ意識(態度,信念,規範信念)はスポーツに対する行動意図を予測するのに有効な変数であり,主要な診断基準となり得る。2.スポーツ意識を基準にして算出された各クラスターはスポーツ行動や行動意図などとの関連が高く,意識レベルだけの変数での類型化の可能性が示された。3.スポーツ意識を総合的に判定するために,個人の測定結果を典型,準典型,混合型に類型化する方法を作成した。4.総合判定によって類型化された5群とスポーツ行動,行動意図,スポーツ条件の諸変数には顕著な関係が認められ,類型化の有効性が明らかにされた。5.以上の手続きを経て,スポーツ行動診断検査とその診断手順を作成した。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093211-00001 pdf 1.14 MB 151  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.16
更新日 2018.06.12