<紀要論文>
住民と精神障害者の協働を可能にする要因 : プリシード・プロシードモデル(PRECEDE-PROCEED Model)による分析から

作成者
本文言語
出版者
発行日
収録物名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 地域の中で住民と精神障害者が協働することを可能にする要因を明らかにし、住民と精神 障害者の協働を促進するための要件を見いだすことを目的として、A地区の住民と精神障害者 との協働事業をプリシード・プロシードモデル(PRECEDE-PROCEED Model)を用いて質的 研究を行った。その結果、住民と精神障害者の協働を可能にする要因として、1)地域が精 神障害者を受け入れる素地を形成すること、2)精...神障害者が自ら地域に出向き自分の特性 である障害への理解を得ようとする強い願いをもつこと、3)それらにより両者が協働する 準備状態にあること、の3 点が抽出された。
The purpose of this study was to examine the factors which enable the cooperation of the inhabitant and the mentally handicapped person in the community using PRECEDE-PROCEED Model . Analysis identified the following three components: 1. Making the preparation to receive the mentally handicapped person in the community 2. Keeping the positive attitude to deepen the inhabitant 's understanding of the mentally handicap 3. Preparation being made to cooperate between the mentally handicapped person and the community These findings suggest that a professional coordinator with an ability to find and use these factors can promote the cooperation between the inhabitants and the mentally handicapped person in the community.
続きを見る

本文情報を非表示

shsjournal2007-01 pdf 1.86 MB 784  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2012.12.05
更新日 2020.02.10

この資料を見た人はこんな資料も見ています