<紀要論文>
現行少年法制定過程から見た捜査と審判の分離 : 現行少年法の理念と原理

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 序 一 補充捜査と検察官関与 : 捜査手続と審判手続の連結 二 現行少年法第四一条、第四二条の意義 : 捜査手続と審判手続の分離 三 現行少年法第一六条の意義 : ケース・ワークと援助・協力 むすびにかえて

本文情報を非表示

auf002 pdf 3.1 MB 102  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.02.01

この資料を見た人はこんな資料も見ています