<紀要論文>
詐欺取消しにおける「故意」と「違法性」の要件に関する一考察 : 消費者契約法第四条とドイツ民法第一二三条

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
目次 はじめに 一 「故意」と「悪い意図」の区別 二 良俗違反による不法行為(ドイツ民法第八二六条)との対比 三 「故意」と「違法性」の関係 四 まとめ

本文情報を非表示

KJ00004316182 pdf 1.09 MB 267  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2008.01.15
更新日 2017.01.26

この資料を見た人はこんな資料も見ています