<紀要論文>
下垂体ホルモン分泌における心理的ストレスの影響

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 正常人において心理的ストレス状況下での下垂体ホルモンの分泌について検討した。対象は19〜22才の健康な学生15人である。心理的ストレスとしては鏡映描写テスト(MDT)を行なった。MDTは5分施行後1分の休みをおいて再度5分施行した。中間の休みの時に,Thyrotropin Releasing Hormone(TRH)500μgを単回静注し,静注前及び静注後15分,30分,60分,90分,120分に...採血を行ない,HGHとPRLを測定した。対照として同一対象にTRH静注のみ及びMDTのみの場合の検討をも行った。MDTを施行しそれに加えてTRHを静注した時には,前値に比べ15分,30分後に有意(P<0.001)のHGH増加反応を示した。MDTのみを行なった場合には,HGHの有意の変化はみられなかった。TRH静注だけでも強い増加反応はみられなかった。さらにTRH静注だけと,MDT施行中にTRH静注を行なう場合を比較すると,MDTとTRHの同時の負荷の時に,有意に(P<0.01)強いHGHの増加反応がみられた。PRLの反応は,TRH静注のみと,MDTとTRH静注と,両者共に同じ様な反応を示した。即ち,心理的ストレス(MDT)と身体的刺激(TRH静注)の両方の負荷が同時にある時に,有意のHGH増加反応がみられた。
The human growth hormone (HGH) response to thyrotropin releasing hormone (TRH) was investigated under the state of psychological stress in normal subjects. Fifteen subjects were 4 males and 11 females. Their age ranged from 19 to 22 years. The mirror drawing test (MDT) was performed to induce psychological stress. Plasma growth hormone and prolactin were determined serially before, during and after the test. Three kinds of tests, namely, TRH test only which was performed by injecting iv 500μg synthetic TRH, mirror drawing test only and TRH test with MDT were done. The changes of HGH to MDT only were not significant. HGH response to TRH only showed no remarkable change. The HGH responses to TRH with MDT were significantly higher than the responses to TRH only. The changes of prolactin to TRH with MDT and TRH only showed almost the same response pattern. Only under the state of combination of these two stimul, somatic and psychological, the changes of HGH secretion were significant.
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093172-00001 pdf 356 KB 54  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12