<紀要論文>
幼児の身体発育及び運動能力の発達に関与する要因

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The purpose of this study is to clarify the factors determining the physical growth and development of motor ability in infancy, from 3 to 6 years old. The measurements of morphological growth and mot...or ability, questionnaires and nutritional observation were administered to 103 boys and 134 girls in Fukuoka and Oita districts in June, 1980. The factors determining the standing height, Caup's index and total scores of four motor ability test were analized from chi-squer, Crammer's coefficient, and coefficient of single and partial correlation which were calculated by Hayashi's quantification theory 2. Main results are summarized as follows ; 1. Seven variables extracted out of 46 variables as the important factors determining the standing height in boys were in order as follows ; age in months, numbers of sufficient nutriment, intake of vitamin B2, body weight in birth's time, district, having a fever and family relationship . Fourteen variables in girls ; age in months, mother's standing height, district, quantity of a diet, company in play, appetite, standing height in birth's time, father's standing height, whether or not air conditioning, body weight of birth's time, intake of calorie, intake of fat and state of health. 2. Eight variables extracted out of 48 variables as the important factors determining the Caup's index in boys were in order as follows ; state of health, havivg a fever, district, age in months, quantity of a diet, whether or not air conditioning, father's sport activity and mother's sport activity. Five variables in girls ; mother's sport activity, state of health, quantity of a diet, intake of vitamin B2 and age in months, 3. Four variables extracted out of 40 variables as the important factors determining the motor ability in boys were in order as folows ; activity in kindergarten, body weight, taking a cold and standing height. Six variables in girls ; standing height, age in months, body weight time of play in outdoor, quantity of a diet and state of health.
福岡市内及び大分県宇佐郡の幼稚園児を対象にして身長,カウプ指数,運動能力に関与する要因を分析した結果,つぎのように要約することができる。1.身長を規定する要因の関与度は,男児では生まれ月,充足栄養素数,ビタミンB2,出生時の体重,地区,発熱傾向,続柄,女児では生まれ月,母の身長,地区,食事量,兄弟姉妹数,遊び友達の有無,食欲度,出生時の身長,父の身長,冷暖房の有無,出生時の体重,エネルギー,脂質,健康状態の順序で高かった。また,身長に関係する要因を偏相関でみると男児は生まれ月,嫌いな食品数,女児では兄弟姉妹数,カルシウム,充足栄養素数,エネルギー,生まれ月の順序で高かった。2.カウプ指数を規定する要因の関与度は,男児では健康状態,発熱傾向,地区,年齢,食事量,冷暖房の有無,父のスポーツ実施度,母のスポーツ実施度,女児では母のスポーツ実施度,健康状態,食事量,ビタミンB2,年齢の順序で高かった。偏相関でみると男児は年齢,母のスポーツ実施度,生まれ月,食事量,ビタミンC,の順序で高く,女児では糖質のみであった。3.運動能力を規定する要因の関与度は,男児では園の教師がみた活発度,体重,かぜの羅患傾向,身長,女児では身長,年齢,体重,室外遊び時間,食事量,健康状態の順序で高かった。偏相関でみると男児は,兄弟姉妹数,ビタミンB1,生まれ月,女児では年齢,室外遊び時間,充足栄養素数,カルシウム,エネルギー,かぜの罷患傾向の順序で高かった。4.男女に共通する要因は,身長では生まれ月,出生時の体重,地区であった。カウプ指数では健康状態,年齢,食事量,男女で影響の方向は異なるが母のスポーツ実施度であった。運動能力では身長,体重であった。5.要因の関連構造からると,身長では生理的年齢(月齢),遺伝,家庭・成育環境,運動・遊び,栄養,健康,自然環境が幅そうした関係を示した。また,カウプ指数では健康状態,食事量,年齢,両親のスポーツ実施度,運動能力では身長,体重,活発さ,遊び時間,食事量,健康状態などが主要な要因として幅そうした関係にあった。以上のとおりであるが,本稿ではいくつかの問題点があった。その1つは測定・調査した要因には過去のものと現在のものが混同しており,発育発達との関係を解釈するのは困難な側面もあった。とくに栄養面は1回だけの測定であり詳細な因果関係を分析するには至らなかった。体重当りの摂収量の算出なども含めて検討の余地がある。また,林の数量化理論第II類から算出されたカテゴリースコア,レンジ値,偏相関の解釈はサンプル数が少数だったためか,結果の解釈に困難な点が多かったので詳細な分析はひかえた。今後は今回明らかにできた要因と発育発達の関係を詳細に分析すること,そして,これらの結果を指導面でどのように生かしてゆくかを検討しなければならない。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093167-00001 pdf 1.02 MB 238  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12