<紀要論文>
学生のスポーツ行動の規定要因に関する研究(1) : 心理的・身体的要因について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 The present study was carried out to clarify psychological and physical factors determining four kinds of sport activities : 1) frequency of sport participation per week, 2) sport participation for im...proving health and physical fitness, 3) participaton in sport events at universities and communities, and 4) belonging to sport clubs. Questionnaires were completed by 270 male and 292 female students at some universities or junior colleges in Fukuoka city, from December, 1979, to February, 1980. Bahavioral intention, attitude, and belief used in Fishbein's Model plus personality, as psychological factors, were measured. Physique, physical fitness, health condition, and skill for sport, as physical factors, were also measured. The data of 84 variables were analized by Hayashi's Quantification Theory and Multiple Regression Method. The results are summarized as follows : 1. On psychological factor, behavioral intention showed significantly higher BETA coefficients in both males and females in all sport activities. It was therefore recognized to be the most important factor determining sport activities. 2. Females were affected much more than males by attitudinal factor, but the reverse was seen on belief . The same tendency was observed in both males and females that belief affected membership in sport clubs more than it did the others. 3. On personality factor, a number of the variables were considered to be significant. However, they varied greatly according to sex and sport activities. 4. On physical factor, many variables proved to significant. Those recognized to be very important for sport activities were skill for sport and physical fitness in males, and skill for sport and physique in females.
学生の種々のスポーツ行動を規定している要因を見いだすことを主な目的として,心理的要因(行動意図,態度,信念,性格)と身体的要因について、林の数量化理論第II類により変数を精選し,重回帰分析によって規定力を分析した。主要な結果を要約すると以下のとおりである。1)行動意図は性別,スポーツ行動の種別を問わず規定力が高く,Fishbeinの指摘する「行動意図は行動を決定する要因である」ことが実証された。とくに,時間的状況における行動意図が男女共通して,判別力をもっていた。2)態度は女子の「不安感情因子」において規定力がみられたが,男子は1%水準の有意な単相関がみられたものの,有意な規定力をもつ要因としては抽出されなかった。3)信念は女子より男子に強い規定力を示した。しかし,「余暇因子」については,男子には負,女子には正の異なる規定力がみられた。なお,「スポーツクラブ所属」は他のスポーツ行動に比べ,男女とも信念の規定力は高かった。4)性格的変数は規定力がみられたものの,性別,スポーツ行動の種類によってかなり効き方は異なることが示唆された。5)身体的要因は男女,各スポーツ行動で規定力がみられ,スポーツ行動に重要な規定要因であることが指摘された。とくに男子はスポーツ技術と体力・運動能力に,女子は技術と体格に規定力をもっていることがわかった。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093164-00001 pdf 1.28 MB 111  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12