<紀要論文>
成長会計モデルによる日本の労働生産性と情報資本の寄与 : 日本にソロー・パラドックスは存在したか?

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 本稿では、2000年までの25年間のデータを用いて、成長会計モデルに基づく日本の労働生産性と情報資本の寄与について実証分析を行った。分析の結果、次の3点が明らかとなった。第1に、1990年代の成長鈍化は景気循環要因によるところが大きく、構造的な労働生産性上昇率は2%台半ばを維持していたこと、第2に、情報資本の蓄積は1980年代後半に加速したが、1990年代に鈍化したこと、第3に、情報資本の蓄積は全...要素生産性の変化と同符号の動きを示しており、1980年代の米国にみられたようなソロー・パラドックスは観察されなかったことである。続きを見る
目次 1.はじめに 2.分析の枠組みとモデル 3.利用とデータ処理 4.成長会計モデルの分析結果 5.ソロー・パラドックスの検証 6.おわりに

本文情報を非表示

KJ00004174012 pdf 741 KB 184  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.26