<テクニカルレポート>
アクティブビットを考慮した低電力データパス設計手法

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
雑誌名
出版タイプ
アクセス権
概要 変数のインスタンスであるデータの特性をデータパス部分の電力を削減する手法を提案する。データに着目した場合,本質的に必要となる部分は転送されるデータの全ビットが必要になることは少ない。筆者はデータに対し本質的に必要となる部分をアクティブビットと定義し,不必要な部分に対し最適化を行うことでデータパス部分全体の電力を削減する手法を提案する。特に本論文においてはデータパス部分のうちバス部分に着目する。バス...はシステムによっては非常に多くの電力を消費する部分でもある。提案手法はアクティブビットを考慮することでバスの信号遷移を抑えるものである。同時に提案手法の実装方法も紹介する。実験により本手法が有効であることが確認できた。
We popose a low power datapath technique considering characteristics of transfer data. In many cases, not all bits of data have effective information. We call active bits which are need for representation of data, unnecessarry parts (except active bits from all part of data) are optimized for reduction of power consumption. Especially, we focus on bus in datapath bacause of large power consumption. In some LSIs main factor of power consumption is transitions of buses. By considering active bits signal transitions of buses are reduced. In addition, an implementation is introduced. Experimental results demonstrate high effects of our technique.
続きを見る

本文情報を非表示

muroyama02_1 pdf 757 KB 54  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.25