<紀要論文>
道化師ツァラトゥストラの黙示録

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 「人は私のツァラトゥストラを聞くのに相応しくなければならない……。そしてそのときまで、ここで浪費された技法を理解する者はいないだろう。実際このために創造された、新しい前代未聞の芸術的技法を、これ以上に浪費しなければならなかった者はいないのである」。ニーチェ『この人を見よ』(「なぜ私はかくも良い本を書くのか」4)は『ツァラトゥストラ』についてこのように語っている。「新しい前代未聞の芸術的技法」は『ツ...ァラトゥストラ』を独自な形象の物語としている。この点を確認することから始めて、「人は私のツァラトゥストラを聞くのに相応しくなければならない」という要求に答えることを試みよう。その試みは『ツァラトゥストラ』を「道化師ツァラトゥストラの黙示録」として読むことへ導くだろう。続きを見る

本文情報を非表示

KJ00004189469 pdf 1.0 MB 251  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
タイプ
時代・年代
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.25