<紀要論文>
コミュニティを変えて行く小さな集団の活動過程について

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 The present article reviewed and integrated basic concepts and viewpoints to comprehend the developmental process of minor group activities. The minor group activities are considered as a key element ...in current literature on resident movements and community redevelopment projects with residents' participation. They energize and facilitate changes in the local society in a long time span. The integrative viewpoint was constructed by the following two lines of arguments of theoretical premises: 1) What is the condition to achieve the minor group activity and to develop it; 2) What is the concept of collectivity for local society in which the minor group takes actions. The four social psychological theories were reviewed to understand the nature of the targeted changes and contents of minor group activities. The new integrative concept of the community was proposed to explain the collectivity for local society in which the minor group activities participate and function as the field of changes.続きを見る
目次 1.はじめに 1-1.近年の地域における変革の動き 1-2.本稿の目的 2.近年の住民運動とまちづくりの傾向 2-1.住民運動とまちづくりの文脈の変遷 2-2.住民運動のタイプと新しい主体として注目されるNPOやボランティア 2-3.長い時間をかけて一貫した活動を行う小さな集団への注目 3.様々な理論における小さな集団の活動過程の整理 3-1.小さな集団の活動の成立に示唆を与えると考えられる4つの理論 3-2.地域における少数派として捉える理論群 3-3.地域を変革しイノベーションをもたらす主体として捉える理論群 3-4.小さな集団の活動過程に関する考察 4.地域を捉える集合体概念の整理 4-1.小さな集団と地域の変化との関係を捉える集合体概念の模索 4-2.コミュニティ概念の変遷 4-3.変えて行く場としてのコミュニティ 5.結 語

本文情報を非表示

KJ00004255692 pdf 971 KB 105  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
地域
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.25