<紀要論文>
運動経験と発育・発達に関する縦断的研究

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 The purpose of this study is to clarify the relationship between the experiences in physical activities, and the morphological growth, the functional development and the personality change with the lo...ngitudinal date which were measured in 1971-1976. The same boys and girls were measured in the following items once a year for six years (from 9 to 14 years old) successively ; (1) standing height, body weight, chest circumference, lower limb length, calf circumference and upper arm circumference in morphological growth, (2) grip strength, standing long jump, side step test, standing trunk flexion and vital capacity in functional development, (3) Yatabe-Guilford personolity test. These longitudinal date were used to analize the change of the morphological growth, the functional development and the personality. Then, the followings were induced : 1. Significant effects of experiences in sport clubs were not recognized in boys from 9 to 14 years in the morphological growth and the functional development. 2. Experiences in sport clubs in girls influenced positively on the growth of body weight, chest circumference, calf circumference and the development of grip strength, standing long jump and vital capacity. On the contrast, they influenced negatively on the development of standing trunk flexion and side step. 3. The experiences of sport clubs appeared to result in the increase of thinking extravertion and inferiority feeling, and the significant decrease of general activity and ascendance. The significant increase of depression, cyclic tendency, nervousness, lack of objectivity, rhathymia and social extraversion were observed as well in girls.
9才から14才までの縦断的に測定された男女児童を対象にして,運動経験の多少と形態,機能の発育・発達および性格の変容について分析し,つぎのような結果を得た。1.運動クラブ経験群と非経験群について対応する年齢の平均値を比較すると,経験群は小学校の高学年からすでに優位を示し,14才まではその差が保持される種目が多くみられた。形態では男子は長育,量育,周育であり,女子は長育であった。機能では男手は瞬発力,筋力,肺機能,女子では瞬発力,筋力,柔軟性,敏しよう性であった。性格では男女とも情緒安定,社会的適応,外向の傾向であった。逆に劣位なものとして女子の9〜14才までの量育,周育,男子の柔軟性があった。2.身体の発育・発達の差をみると男子では経験群の量育,周育,瞬発力,肺機能の増加頃向がやや大きかったが,全体的には顕著な差とはいえなかった。女子では13,14才の量育,周育,瞬発力,筋力,肺機能の増加傾向が顕著であった。男女共通傾向のとして経験群では柔軟性,敏しよう性の増加が少なく,肺機能では大きかった。とくに,この傾向は女子に顕著であった。3.性格の変容をみると経験群の男子では劣等感と思考的外向の増加,女子では抑うつ性,気分の変化,劣等感,神経質,主観性,のんきさ,思考性外向,社会的外向の増加が顕著であった。男女共通の傾向として劣等感と思考的外向の増加,及び一般活動性と支配性の減少傾向をあげることができ,そのほか,女子の情緒不安定への変容傾向が指摘された。4.9才から14才の期間における運動経験の発育・発達への影響は男子には少なく,女子に多い傾向が認められた。付記 本稿で用いた資料は九州大学発育・発達研究グループの共同研究によるものである。そして,資料の集計・整理については橋本公雄氏(福岡工業大学助教授)及び坂井純子氏(現在,東海大学助手)に多くの助力を頂いた。ここに記して感謝の意を表します。
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000093133-00001 pdf 983 KB 256  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12