<紀要論文>
「複数コ・ファシリテーター方式III」による構成的エンカウンター・グループのファシリテーター養成の試み

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
JaLC DOI
概要 This article is a practicing research by which the facilitator training of a structured encounter group by "Several co-facilitators methods III " is attempted. Three trained facilitators and an experi...enced facilitator took charge of a structured encounter group. The past methods of training facilitator were improved, and the method of "Co-facilitator's originally making the program" was adopted for the first time. The composition of the group, the process of the group, and the experience of Co-Facilitator was described. And a peculiar point of this method was identified, compared with some past methods. It was able to be concluded that Co-Facilitator method III was useful as the method of training facilitator. In addition, the improvement point of this method was discussed.続きを見る
目次 Ⅰ はじめに i.「コ・ファシリテータ一方式」 ii.「複数コ・ファシリテータ一方式」 iii.「複数コ・ファシリテータ一方式Ⅱ」 Ⅱ ファシリテータ一義成が試みられたグループ Ⅲ グループ・プロセスとCoFaの体験 1.参加前の気持ち 2.グループ・プロセス 3.参加後の感想 Ⅳ 考 察 1.CoFaの体験学習内容について (1)独自プログラムの作成 (2)独自プログラムの実施 (3)<ローテーション方式>による学習 2.従来方式と本方式におけるCoFaの役割と体験学習内容の比較・まとめ 3.セッション毎のプレ・ミーティング,ポスト・ミーティングについて 4.まとめと今後の課題

本文情報を非表示

KJ00004255686 pdf 545 KB 94  

詳細

レコードID
査読有無
関連情報
主題
ISSN
NCID
タイプ
登録日 2009.04.22
更新日 2017.01.25