<紀要論文>
日本人児童の握力,立幅とびと体組成との関連における年代差

作成者
本文言語
出版者
発行日
雑誌名
開始ページ
終了ページ
出版タイプ
アクセス権
概要 この研究は,握力と立幅とびにおける年代差を体組成との関連から考察している。資料は九州大学発育研究に参加した福岡市生まれの男女児童の人体計測値と運動能力測定値から得られている。男子児童664人,女子児童796人は,1946年生まれと1962年生まれの2集団に分けられている。身長,体重の計測と握力,立幅とびの測定は,各集団とも9歳から14歳までの1956-60年と1971-76年に実施されている。体水...分量と除脂肪体重はMellitsらとPace Rathbunの方法によって推定され、体脂肪量は体重-(体水分量10.72)の式によって計算されている。結果は次のように要約できる。1 近年の日本人児童は15年前の児童に比較して,体重1kgあたりの体脂肪量が増加し,除脂肪体重が減少している。2 男子児童の除脂肪体重1Kgあたりの握力と立幅とびには年代差が認められない。3 女子児童の体重1kgあたりと除脂肪体重1kgあたりの立幅とびには年代差が認められ,近年の女子児童が15年前の児童より劣っている。立幅とびにおける近年の女子児童の劣位は体重1kgあたりの大きな体脂肪量と小さな除脂肪体重に帰するようである。
Secular trends of hand-grip strength and standing long jump of Japanese children were studied in relation to their body composition. The materials for the present study were obtained from serial anthropometric and physical performance measurements on boys and girls, who were Fukuoka city-born participants in the Kyushu University Longitudinal Growth Study. A total materials of 664 boys and 796 girls from the age of 9 to 14 were divided into two cohorts, the one consisting of individuals born in 1946 and the other those born in 1962. Height, body weight, hand-grip strength and standing long jump measurements on children from 9 to 14 year-old were carried out covering the periods, 1956-60 and 1971-76. Total body water (TW) and lean body weight (LBW) were estimated according to the method of Mellits et al. and the formula of Pace-Rathbun, respectively. Body fat (Fat) was calculated according to the equation : Fat=WT-(TW/0.72). The results showed that modern Japanese children contain more Fat and less LBW per unit body weight than those of 15 years ago. The secular differences in hand-grip strength and standing long jump per LBW of Japanese boys were found not significant. On the other hand, modern Japanese girls showed lower standing long jump per body weight and LBW than those of 15 years ago. The inferiority of modern Japanese girls in standing long jump could be ascribed to large Fat and small LBW per unit body weight. This might result from their two characteristics, i.e., excessive caloric intake and inactivity.
続きを見る

本文情報を非表示

KJ00000092995-00001 pdf 607 KB 75  

詳細

レコードID
selfDOI
査読有無
関連情報
地域
ISSN
NCID
タイプ
時代・年代
登録日 2009.09.08
更新日 2018.06.12